すぐに解決するべし!闇金の問題はここで相談

闇金や悪徳業者と関わってしまったら

銀行や大手消費者金融からお金を借りることができず、すがるような思いで闇金から借りてしまう方は少なくありません。
もちろん、利用者全てが闇金と知っていて利用するわけではありません。

 

闇金の中には、大手や中小消費者金融を装ったものや、一般的な闇金よりも対応が少しやわらかいソフト闇金というものも存在しており、正規の消費者金融と見分けが付きにくい場合があるからです。

 

とはいえ、どのような場合においても闇金は利用すべきではありません。
利用してしまったが最後、違法な高金利での貸し付けで返済が困難になり、激しい取り立てにさらされ、心身共に苦しい思いをすることになります。

 

また、律儀に返していっても、借金は減るどころかますます増えてしまい、完済することはできません。
闇金の貸付は違法であるため、正規の金融会社のように借りたら必ず返さなくてはならないと考える必要はありません。

 

違法な貸し付けに対して1円の支払いも行なう必要はないからです。

 

闇金を利用している、利用している消費者金融が闇金であることに気付いたら、すぐに金融問題に強い弁護士や司法書士に相談しましょう。
参考サイト:闇金相談ヘルプデスク|ヤミ金被害の無料相談おすすめランキング

 

闇金とはなんなのか

闇金とはどのような業者を言うのでしょうか?
闇金は、違法な貸し付けを行う金融業者です。

 

主に債務整理を行なったことでブラック状態になり、新規借入ができない方や多重債務者がターゲットにされます。
具体的には以下の2つ、あるいはどちらか一方でも違反していれば闇金業者です。

 

違法な高金利で貸し付けを行なう

出資法に基づいた金利は、10万円以下で20%、10万円以上100万円以下で18%、100万円以上で15%となっており、これに違反すると「刑事罰」の対象となります。
しかし、闇金はそんなことはお構いなしに、出資法以上の金利で貸し付けを行ないます。

 

正規の金融会社では年利を表示させており、金額によるものの1日の利息はそこまで大きいわけではありません。
しかし、闇金の場合になると「トイチ(10日ごとに1割)」や「ナナイチ(7日ごとに1割)」といった金利に設定しています。

 

10日で1割、つまり10%の利息が発生するということは年利にすると300%になり、いかに高い金利で貸し付けているかが見て取れます。
闇金に明確な金利設定などは存在しておらず、ふっかけられる金利も固定されてはいません。

 

しかし、確かなことは、闇金は必ず法外な金利で貸し付けてくるということです。

 

貸金業者登録をしていない

賃金業者は、必ず「貸金業者登録」行なうことを貸金業法で義務付けられています。
この登録を行なっていないと、絶対に貸金業者として貸付を行なうことはできません。

 

闇金の大半は、登録を行なわずに営業しています。
つまり、高金利で貸し付けを行っていようといなかろうと、貸し付けを行うこと自体が違法なのです。

 

しかし、近年では正規の消費者金融の登録番号を勝手に記載してる闇金業者や、実際に登録をしている業者などがあるため、登録番号の有無だけで見分けるのが困難なケースもでてきています。

 

なぜ利用してしまうのか?

闇金は、債務整理を行なった方や多重債務者など、正規の金融会社ではもう借り入れができないという方をターゲットにします。
そういった方に契約を結ばせるため広告には「無審査」、「無金利」、「ブラックOK」など、借り入れが困難な状況にある方にとって非常に魅力的な宣伝を大きく載せています。

 

ターゲットにされている方々は、そういった宣伝文句を鵜呑みにしやすい心理状態になってしまっていることが多く、おかしいと思っても危機感が働かず、そのまま契約を結んでしまうのです。

 

そして、激しい取り立てにおびえながら返済し続けて元金の数倍のお金を奪われたり、夜逃げしたりする方もいます。

 

しかし、そういった行動は何の解決にもなりません。
闇金の利用には大きなリスクが伴います。

 

絶対に手を出さないことが大前提ですが、利用してしまった場合は躊躇せずに弁護士や司法書士の力を借りましょう

 

信頼と実績のある法律事務所に依頼する

闇金とのトラブルを自力で解決することはまず不可能です。
完済しようとしても、それができないようなシステムになっており、借りてしまえば後はずっと搾取されるだけです。

 

そういった状況から脱却するためには専門家、つまり弁護士や司法書士の力が必要不可欠です。
しかし、法律事務所であればどこでも良いわけではありません。

 

金融トラブルの解決に実績がある

金融関係のトラブルにはさまざまなものがありますが、闇金の問題はその中でもはるかに厄介なものです。
相手は、違法行為を行なうことに戸惑いを持ちませんし、その背後には暴力団が控えていることも珍しくはないからです。

 

そのため、相手の恫喝や脅しに対して毅然と対応できる専門家が必要になります。
金融トラブル、とりわけ闇金トラブルの実績が多ければ多いほど対応の仕方も心得ているため、安心して任せることができるのです。

 

また、警察とも連携しているため、闇金業者としてもリスクが高まるだけなので、交渉が決裂する可能性も低くなります。

 

アフターフォローをきちんとしてくれる

取り立てが止まり、無事に解約できたとしても安心できません。
契約時に闇金に提出した個人情報は裏で流れている可能性が非常に高いため、別の闇金から連絡が来ることがあるからです。

 

もう絶対に借りないと固く心に決めていても、何かの拍子で借りてしまい、同じことを繰り返すということもありえるのです。
そうならないために、解決後もフォローをしてくれるということは非常に重要です。

 

料金設定が明確である

専門家に相談するのですから、もちろん手数料や成功報酬は必ず必要となります。
そのため、これらの料金がしっかり明記されていることが非常に重要です。

 

望ましいのは、「1件当たりの成功報酬5万円」など、金額がはっきりしていることです。
これが「1件あたりの成功報酬5万円〜」と、上限を記載していない場合は、実際いくらかかるのかが分かりません。

 

解決できたとしても予想よりも大分高くなってしまい、支払いに困るといった事態に陥ることもあります。
そうならないためにも、手数料や成功報酬の金額はきちんと調べましょう。

 

警察にも連絡したほうがいい?

犯罪行為の被害にあったとなれば、真っ先に警察に連絡するのが得策のように思えます。
実際、警察にも連絡・相談をするのは重要ですが、闇金とのトラブルを解消したい場合には、あまり効果的とはいえません

 

警察は犯罪者を逮捕するのが主な目的であるため、明確な被害状況や証拠などがそろっていないと原則的として問題に介入できないからです。
また、闇金業者も警察の仕組みをよく熟知しているため、すぐに捕まらないよう巧妙に対策を立てているのです。

 

しかし、証拠があれば話は別です。
個人が証拠を集めるのは困難ですが、弁護士や司法書士を通して証拠を集めることが容易になります。

 

また、それら専門家は警察との連携を取っているので、個別に連絡をするよりも、法律事務所に連絡して証拠をそろえてもらいつつ、警察と連携してもらったほうがスムーズに解決する可能性が高いでしょう。

 

相談するときに必要なもの

相談する際は、できるだけ詳細な情報を持っていき、説明しましょう。
具体的には以下の情報を準備して行くと良いでしょう。

 

  • 闇金業者の情報

闇金業者名、電話番号、住所など所在がつかめる情報を持っていきましょう。
可能であれば、闇金を知った情報源、チラシや広告、ホームページがあればそれも教えると良いでしょう。

 

また、担当者の名前、直に会ったのであれば担当者の容姿や特徴も教えましょう。

 

  • 契約状況や利用状況

契約時に渡した個人情報ややり取りの内容、契約日時、元金や利息といった借入状況、返済状況、そして闇金業者の銀行口座といった情報をまとめましょう。
特に銀行口座は、口座を凍結して利用できないようにし、被害の拡大を防ぐために必要となります。

 

  • 被害状況

どのような被害に合っているのかをできるだけ詳細にまとめましょう。
可能であれば電話でのやり取りを録音したり、メールやファックスなどで送られてきたものや嫌がらせの張り紙が残されているのであればそれらを保管したり、自分の周りに被害が及んだりしているであれば、それも全て提出しましょう。

 

弁護士などに相談するときは、どんな些細なことでも報告することが重要です。
一見たいしたことではない情報に思えても、闇金に関わっている情報はすべて証拠となります。